月舟町三部作プラス番外編

読書のこと♪

吉田篤弘さんの作品の中に
月舟町を舞台にした「月舟町三部作」と
呼ばれている3つの作品があります。

「つむじ風食堂の夜」
「それからは
スープのことばかり考えて暮らした」
「レインコートを着た犬」

昨日ようやく、この三部作の最後の作品の
「レインコートを着た犬」を読了・・・。

3作品で共通しているのは
月舟町で暮らす人々が
心優しき人ばかりだということ・・・。
読んでいて心が温かくなります。

そして、番外編の「つむじ風食堂と僕」

つむじ風食堂を訪れるリツ君に
まわりの大人たちが仕事について
語ります。
それを聞いてリツ君が考える。
読む人もまた深く考えさせられる・・・
そんな作品です。

どれも面白い作品なのでおススメですが
シリーズで読むとよりいっそう楽しめます。

 

投稿者

宮本智子

ニュースレター発刊
毎月発行のニュースレター「イエノコトのこと」の誌面作りを担当しています。
これからもイエノコトをひとりでも多くの方に知っていただけるきっかけ作りと、お客さまの暮らしに少しでもお役に立てる存在になりたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9 − eight =