篠栗でお散歩

日常のコト♪

ずっと行きたかった、篠栗の『九大の森』へ
ようやく先週の土曜日に妹と二人で行ってきました。

博多バスターミナルから西鉄後藤寺行きの急行バスに乗り
粕屋警察署前で降りて歩いて行きましたが
北口にたどり着くまでは、かなり迷ってしまいました~。

でも、お目当ての絶景ポイントの落羽松(ラクウショウ)が
あるところへ着いた時には、その幻想的な美しさに心奪われ、暫し、うっとり・・・♪
落羽松は北米原産の針葉樹で水に浸かった状態で自生しているそうですが
目の前に広がる風景を見ていると、まるで日本ではない場所にいるかのような
不思議な気分になります。

心の栄養もたっぷり補給できて、歩くことで運動不足の解消にも役立ち
すれ違う方と、にこやかに挨拶を交わすことで、気分も上々になった一日でした。

投稿者

宮本智子

ニュースレター発刊
毎月発行のニュースレター「イエノコトのこと」の誌面作りを担当しています。
これからもイエノコトをひとりでも多くの方に知っていただけるきっかけ作りと、お客さまの暮らしに少しでもお役に立てる存在になりたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three + eighteen =