読みたかったスピンオフ

読書のこと♪

恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」の
スピンオフ作品である「祝祭と予感」の
図書館の予約の順番がやっとまわってきて
ウキウキしながら読みました。

最初の「祝祭と掃苔」は
ピアノ全集+1【完全版】に
収録されていたので既読でしたが
残りのどのお話もよかったです。

こちらの作品は活字も大きく
あっという間に読めますが
「鈴蘭と階段」が一番好きでした。

こんなスピンオフは
ファンにとっては嬉しくて
本編もまた読みたくなりました。

投稿者

宮本智子

ニュースレター発刊
毎月発行のニュースレター「イエノコトのこと」の誌面作りを担当しています。
これからもイエノコトをひとりでも多くの方に知っていただけるきっかけ作りと、お客さまの暮らしに少しでもお役に立てる存在になりたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

seven + 12 =