初心

ひと月ほど前だったかな

スタッフの宮もっちゃんが

『秋吉さん お茶をしているからこの本共感すると思うよ~。読んでみる?』

と1冊の本を貸してくれた

【日日是好日】

あ、今(たしか10/13から?)公開されている映画ね

『見てみたいなぁと思っていたの。うれしい♪ 読んでみる!』

・・・といいつつなかなか読む時間がとれず・・・・

やっと今日読めました!

今日は土曜日 お茶のお稽古の日

少し早起きしてお稽古前に少し読み進めようと本を開いて・・・・・

”あぁ 分かる分かる。最初はそうなんだよねぇ”と

すごく共感して

後半は少し涙するところもあり(読んだ方はわかる!お父さんのくだり)

言葉に表せない”この世界”のコトを

森下典子さんは素敵に表現してくれていた

半分ほど読むつもりだったけど

一気に読み終えていた

いつもと変わらない稽古場

いつもと変わらない先生のご指導

いつもと変わらない社中のお仲間

だけどいつも新しい

筆者と同じく?

私もなんとなく続けているお茶のお稽古

でもやめられない

続けるほどに見えなくなってくるから

一生勉強

初心を思い出した

さわやかな秋晴れの朝

いつもの稽古場へ・・・・

『先生 おはようございます。遅くなりました。今月もどうぞよろしくお願いいたします。』

”あ・・・・11月・・・・今日から【冬のお茶】だ。覚えてるかなぁ・・・・。【夏のお茶】は一旦 忘れよう”

床の掛物は 【松高白鶴眠】

お目出たい一行の中に引き締まる思いがした ”やっぱり来て良かった”

素敵な本を貸してくれた宮もっちゃん ありがとう!

 

投稿者

秋吉圭子

1級家事セラピスト
リフォームのご相談窓口をしています。日々のメンテナンスも含め、家のことに関するあらゆる相談事の窓口になれればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 1 =